win5当たった!!けど翌年の税金が上がって….。

競馬の中でも、3連単を当てるより難しい?

win5とは、JRA(日本中央競馬会)が指定した5つのレースの1着を当てるといういわゆる5連単勝複式の馬券のことを指します。出走する馬の数で、当選する確率が変わってきて最大で190万分の1という恐ろしく的中率が低いという場合もあります。それは、私は79万分の1の確率の時に当てて大きい配当を手に入れることができました。

100円が○○万に!!

ウィン5には、その人にあった独特な買い方があってその法則を見つけることが的中になるということだけは述べておきます。私には、私にあった買い方があってその買い方を発見するのに2年ほどかかりました。自分が発見した、買い方を人にただで教えるということはしたくないのでここでは書かないですが予想を確立して自分にあった買い方を見つけえることができれば大当たりに繋がるということは言えます。

大きな配当を当てると、住民税と保険料が上がり所得税も沢山取られる

大きな配当を喜んでいたのですが、フリーランスなので国民健康保険と住民税が翌年どっとあがりました。もちろん、下調べをしていたので支払いに困ることはありませんでした。ですが、競馬は払い戻しをされる前に国庫拠出金という物を取られているので税金の2重取りになるんです。ですから、個人的には所得税と保険料住民税が上がることは納得いかないです。宝くじは、税金で5割取られたのち払い戻しされ無課税ですが競馬の場合は税金がかかるというのはやはりなんとも納得できないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です