くじで当たったのですが、その場で辞退した話です。

以前、ガソリンスタンドで給油をした時のことです。たまたまその時にイベントが行われており、給油をするとくじが引けるようになっていました。そのガソリンスタンドは、いつも私が給油している場所ではなく、たまたま遠出をしたときに立ち寄ったスタンドでした。

イベントをしているのは見ていて分かったのですが、くじなどどうでもよかったし、何より急いでいるので「くじを引いてください」とスタッフの方が近寄ってきたとき正直、面倒臭いなと思ってしまいました。

そして、ささっとくじを引き中を見てみるとなんと「特等」が当たったのです。用意されている商品のなかでも一番良い商品でした。スタッフの方もとても驚いていました。

特等と言われ、何の商品が当たったのか一番大事な部分ですが、商品は「家庭用のUSENシステム用のチューナー」した、それを知った私の感想は「なんだそれ、いらないわー」というものでした。

しかも、その場でその商品を貰えるというものではなく、手続きをして有線放送との契約をして・・というものでした。そもそも有線放送に興味もないので契約するつもりもありません。その場ですぐに「いりません」と辞退しました。テレビがもらえるとか、DVDやブルーレイのプレイヤーとかなら受け取ったのになぜ、有線放送だったのでしょうか。めったにくじに当たることなどないだけに残念でした。

辞退するとスタッフの方が「箱ティッシュになるのですが」と言われたので、それでいいですと受け取りました。なんだか不思議な微妙な気持ちになる体験でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です